疑問点は常時クリアを

個別指導塾に於いては、お子様の積極性が求められる事は、既に各所で語られている通りです。教室内の複数の生徒は各々、与えられた異なる問題と格闘しています。当然子供達の性格も十人十色ですので、積極的に質問を重ね過ぎるが故、講師から「何でもかんでも直ぐに尋ねず、とことん自分で答えを導き出しなさい」と窘められるケースも見られるでしょう。

中学受験は突き詰めれば個人競争であり、試験日当日は受験生全員が「自己との闘い」となります。困ってしまって即誰かの助けを探す習慣は、早い時点での矯正が求められます。塾側は豊富な経験からそうした「負けパターン」を熟知しており、生徒の性格を的確に見抜き、受験に際してマイナスとなる部分の矯正にも、深く立ち入り過ぎぬ範囲で力を添えてくれます。

ですが毎回講義時間中を通じ、ただ黙々と与えられた問題を解き続け、終われば黙って帰宅する繰り返しだけでは、通塾の意味が見当たらなくなってしまいます。この傾向は比較的成績優秀な生徒に多く見られ、与えられた課題を難無く解けてしまうが故、質問の必要が生じないなど、学力的には喜ばしい限りですが、決して好ましい状況とは言い切れません。

そして最も問題なのが、消極的な性格故、挙手して質問に踏み切れぬケースです。結果分からない箇所をそのまま放置してしまい、それがウイークポイントとして大きな穴を広げてしまう展開であり、おれは要注意です。