志望校決定に際して

我が子に中学受験をさせようと決意され、ご夫婦更にはご家族間で合意に至られた以上、何らかの強い思い入れを抱いておられるに違いありません。中学受験にどのような価値を見出しておられ、合格を目指すに際して個別指導塾を活用された理由もそれぞれでしょうし、最初から志望校を1校に絞り込まれているからこその中学受験という方も少なくありません。ここでは「出願時期を迎えた時点で確実に合格が期待出来る、1番学力優秀とされる有名中学を狙いたい」というお考えの方々に向け、志望校決定に際してのアドバイスをお届けしたいと思います。

小学校入学時点で漠然と中学受験を視野に入れておられれば、志望校検討期間は約6年間です。世の中の変化は驚く程早く、それは志望校候補の偏差値のみならず、時に学校の経営母体が変わる、統廃合で別の新たな学校に生まれ変わるなど、予期せぬ展開の可能性が否定出来ません。個別指導塾側も中学受験の最前線の教育機関として、新鮮かつ信憑性が極めて高い情報を絶えず入手から分析管理していますので、カウンセリングサービスなどを積極的に活用し、常にリアルタイムの情報収集に努めてください。

注意すべき点として、過去の記憶の中のデータを何年間も信じつづけない姿勢を挙げておきます。先に述べた通り、中学受験関連の情報は「鮮度が命」です。