4年生になったら

小学校4年生から本格的に中学受験を見据える個別指導塾となれば、全国各地に一気にその数が増しているとのデーターが確認されています。お子様自身も中学受験の意義を自分なりに解釈出来ていますし、優秀な成績を収めた際の達成感や優越感も知っており、自身を鼓舞して勉強する術も身につけ始めています。有名志望中学合格を目指すのであれば、この4年生というタイミングから個別指導で徹底的に学力アップを目指すのが「ベスト」との声が後を絶っていません。

殆どのお子様の場合、既に学校の授業をしっかり聴き、宿題もキチンとこなすなど、いわゆる独学の範疇で十分にクラス内で優秀な成績を収めておられる事でしょう。ですが中学受験は高得点が最終目標では無く、あくまで入試という篩にかけられても落ちない、合格圏内の上位に食い込むテストの結果が求められる、一発勝負的な色合いが強い勝負です。入試だからこそ出題される傾向が顕著な各学科の重要ポイントの知識や能力を、更にワンランク上げるべき時期、それが4年生なのです。

疑問点があれば挙手の上、自分の言葉で講師に質問出来る会話力も十分備わっている時期です。個別指導塾へ通わせる、あるいは他の教育機関からの編入をお考えであれば、この時期を逃されぬ事をお薦めします。