低学年の個別指導

小学校低学年を対象とした、中学受験個別指導塾も見られますが、この時期このスタイルの塾に通わせるに際しては、異なる見解が存在する事を踏まえておきましょう。

個別指導塾は教室内で学ぶ複数の生徒に対し、1人あるいは少数の先生が各自にマッチした問題を与え、質問があれば生徒側から尋ねる事で疑問点をクリアして行くシステムが基本です。これは小学校の教室で行われている義務教育の授業とは全く異なり、学校生活の経験値が小さい低学年の児童の場合、時に混乱してしまうリスクを指摘する声が存在しています。通塾するうちに次第に慣れ、塾の指導スタイルにも順応出来るようになるのも子供の長所ですが、いわゆる引っ込み思案的な性格、あるいはあくまでマイペースで外部からの干渉を嫌う児童の場合、講師とのコミュニケーションに双方が窮してしまう展開が想定されるのです。「小さいうちの勉強は、教える側からの一方通行がベスト」との意見には、確かに説得力が感じられます。

勿論低学年対象の個別指導を謳う専門機関ですので、中学受験とは何なのかを、お子様の年齢に合わせて理解させながら、学力アップに繋げるノウハウを有していて当然です。大切なのはご両親の熱意が勇み足となってしまわぬ姿勢です。