親子で実際に足を運ぶ

多くのご両親が見落されていると同時に、中学受験対策で個別指導塾を探す際に、強く実践をお薦めしたい、基本中の基本の作業に、皆さんは既にお気づきでしょうか。昨今のご時世からすれば極めてアナログチックですが、必ず「なるほど」とご納得いただける大切な作業です。それこそが「候補に挙げた個別指導塾に、親子揃って実際に足を運ぶ」行為なのです。

現在我が子の中学受験を視野に入れ始めておられるご両親の大半が、情報収集の主たるツールをインターネットだと認識される世代となっています。居ながらにして手繰り寄せられる膨大な情報は確かに貴重かつ便利ですが、時に匿名性の隠れ蓑の中、その内容の真偽に疑問符が付くケースも珍しくありません。成人としてアナログ世代を経験した後に、今日のネット社会を経験した方々とは違い、若い世代の多くの方々は男女を問わず、飛び込んで来た情報の真偽を見極める姿勢を欠く、あるいはその必要性自体に気づいておられぬ傾向が否定出来ません。「そう書いてあったから間違い無い」は素直な姿勢ですが、同時に誤情報を信じ込んだ時の悪しき展開のリスクが否めません。

これはお子様の一生に影響する中学受験の個別指導塾選びに際しては、必ずしも歓迎される姿勢とは言えません。候補先を絞り込まれたのであれば、ぜひ実際に通塾路をご自身の足で辿り、建物の外から実際に親子方を並べて確かめてみてください。