受験を自覚する環境

小学校高学年のお子様であれば、例外的に自ら中学受験を希望する旨をご両親に進言されるケースも想定されますが、通常はご両親のご意向が第一である事に異論は無いでしょう。とりわけ小学校低学年から中学受験を見据え、個別指導塾での学習を検討される場合、お子様は年齢的そして自身を取り巻く子供社会の環境故、こうしたご両親の決定を理解出来なくても不思議ではありません。

中学受験の意義に関しては、大人でも意見が分かれます。「慣れ親しんだ小学校時代の友達と一緒の地元の中学に進学し、のびのびと逞しく育ててあげるべきだ」「有名中学からその先に進学すれば生涯安泰の時代はとっくに終わっている」など、中学受験を全否定とは言わずとも疑問を抱く価値観野存在もまた、頭ごなしに無視出来ないのが事実です。そして何より、お子様が過ごす子供社会に於いても、大人達や周囲から雪崩れ込むさまざまな情報の中に混在する「中学受験」「個別指導塾」なる言葉の意味を、時に大きく誤解しながらも子供達なりに語り合っている事実は無視出来ません。

時代は変われども「勉強より仲良し同士で遊びたい、ゲームしたい」のは現代っ子にも共通した本音ですし、個別指導塾はそうした貴重な自由時間を奪い去る存在と映っても不思議ではありません。ご両親はお子様が「中学受験」を正しく自覚し、興味を抱いて臨む事が出来る環境を整備するという難題を避ける事は許されないのです。