直接講師と親子面談

高校受験あるいは大学受験の予備校の場合、実際に授業を司る講師陣は科目別に異なる人物で、進路指導に関しては専門の担当者がお子様あるいはご両親とカウンセリングを行うスタイルが一般的です。各教科の講義内容もより深く広い専門知識の習得が求められる以上、こうした分担スタイルは至極当然ですが、進路指導はあくまで校内の模擬試験の結果「だけ」に基づいた、ある意味ドライかつ機械的になっても致し方ありません。

ですが中学受験合格を目指すお子様は、どれだけ優秀な学力を有しておられたとしても、年齢的にはまだ「児童」です。勿論個別指導塾も各種データを基本としたお子様ご自身あるいはご両親へのカウンセリングとなりますが、注目すべきメリットとして、実際の指導者が担当してくれる点が見逃せません。指導者はプロの目線で、勉強中のお子様の一挙一動を細かく見守っています。どの教科のどの部分が不得手なのか、どういった場面で集中力を欠く傾向が見られるのかなど、直近で見守り続けているからこそ可能なアドバイスが届けられるのです。

個別指導塾はまだまだ人格形成途上のお子様にとって、単なる学力向上の場のみならず、ご両親目線での中学受験対策にも配慮が期待出来る教育機関として高評価を集め続けています。「果たして塾で我が子がどんなふうに勉強しているのか・・・」と案じる必要はありません。